長崎県のご当地グルメとして有名なのが佐世保バーガーではないでしょうか。戦後に米軍基地が置かれたことからレシピが広がり、アメリカの食文化として定着してきました。もともとは米軍兵士のために作られていたハンバーガーは、今や全国規模で知られるようになりました。始まりは昭和25年ごろということですから、その歴史は大変長くハンバーガー発祥の地とも言われています。できれば当地でハンバーガーにかぶりつきたいところですが、なかなか本場長崎まで足を延ばすのは難しいものです。そこで、挑戦したいのが手作り自家製のハンバーガー。リーズナブルなファストフード店が人気の中でも、手作りハンバーガーのお店は結構な値段が付けられていることがあるので、自分で作れば安上がりにもなります。

門外不出のハンバーガーレシピとは

佐世保バーガーの定義とは「地元食材を使い、注文を受けてから作るこだわりバーガー」ということのみ。実はこれといった特徴や決まりがないので、門外不出のレシピというものも存在しません。このことが地元のハンバーガー店それぞれの特徴を出すことに一役買っていて、飽きずに長く楽しまれている要因になっています。それでも見た目には一般的なハンバーガーとは違うポイントがあります。まずはその大きさ。アメリカンサイズということで、両手で持っても具材がこぼれそうなボリュームはぜひ再現したいもの。そして、フレッシュなレタスやトマト、アメリカのハンバーガーには欠かせないベーコンや目玉焼き、丁寧に焼き付けたバンズなど、アメリカをイメージして自由にハンバーガーを作ってみましょう。

自分で作ればオリジナルの佐世保バーガーになります

佐世保バーガーの定義で、一つ難しいものがあるとしたら、それは「地元の食材を使う」という部分ではないでしょうか。もちろん、お取り寄せしてもいいのですが、それでは安く作るのは難しくなってしまいます。そこは地産地消という概念に置き換えて、自分の住んでいる地域で採れる新鮮な食材を使って作ってみましょう。具材のメインであるハンバーグはぜひ手作りしましょう。たっぷりのひき肉を使ってシンプルな味付けで肉自体を味わえるようにして、大き目のハンバーガー用バンズに挟めばOKです。あとは好きなソースや野菜を好みに合わせてアレンジしましょう。仕上げにクッキングペーパーでハンバーガーを包むとそれらしくなるのでおすすめです。ただし、本物の味は地元でしか味わえないので、ぜひいつか長崎まで足を運んでみましょう。