医者で夢を叶える人たちへの資金作り

普段体調が悪い時や病気等で利用する事がある病院ですが、通常生活で病院を経営している医者の開業資金とその調達方法を知る機会は多くないといえます。医者になる為には大学の医学部で6年間学び、その後2年間の研修医期間があり、研修医になるころには一番若くて24歳となります。研修医期間は毎月給与がありますが、バイトをする事もする時間もなく、またペーパードクターなので開業する事も出来ません。研修医期間終了後は選択した科の勉強をしながら医者としての仕事が出来る様になるので開業も可能になります。短くても8年間もの期間をかけて医者となり夢を叶える人たちの資金作りは、簡単ではありません。ですが両親が開業医をしていて後を継ぐ場合や金銭的な余裕がある場合は開業を選択しやすい状況といえますが、それ以外にもどこに開業するかという経営戦略で開業資金が変わってくる場合があります。

開業資金は同じ診療科目でも場所によって違いがある

医者の医院開業やクリニック開業といっても、同じ診療科目でも必要となる開業資金は大きな上下幅が出てきます。診療科目でも高額な医療機器の導入が必要のない診療科目や、MRI等の高額な医療機器の導入が必要な高額支出の可能性がある診療科目もありますが、開業場所によって開業資金を少なくする事も出来ます。都心での開業となれば事業用土地家屋に関しては分譲や購入をする必要がなく、集客戦略を重視した開業資金の投下も考慮出来るようになるので戸建てではなくビル内での開業の方が現実的です。地方での場合は戸建てが現実的で初期費用として大きな額が必要になりますが、ビル賃貸での開業に比べて月々の賃料が不要になるので事業開始後のキャッシュフローについてはゆっくり事業展開に挑めます。都心での開業の場合事業用土地家屋の取得費が安い心療内科や皮膚科は狭い坪数でも十分に採算がとれるので更に初期費用でも差が出て来ます。

開業資金調達での自己資金と融資について

開業資金の調達には大きく分類すると融資、補助金、助成金に分ける事が出来ます。補助金と助成金は返済する必要はないですが金額が僅かになるので開業資金として大きく利用できません。現実的には融資による資金調達が主になります。ですが開業後の安定した経営を考慮すると自己資金を出来るだけ準備する事が大切といえます。平均として開業資金の半分は自己資金を準備するのが望ましいといえます。融資については地方銀行を中心とした金融機関が医院開業の融資では無担保、無保証人で融資を行っているケースが非常に多いです。医者としては開業しやすい環境ですが、何故開業エリアの選択をしたか、どの様な医療サービスを提供するのかを詳しく記載した趣意書の作成と、無理のない返済計画を踏まえた事業計画書の作成が必要になります。医院開業の競争率は増えているので、しっかりとした事業計画と開業資金の返済計画をしていきましょう。