現在の日本においては、飲食店の数がとても多くなっており、国内外の様々な種類の料理を食べることができるようになっています。そういった飲食店の中には、いわゆるご当地料理をメニューとして用意しているお店が少なくありません。ご当地料理には、その地域の特色や魅力が感じられるため、その地域を訪れた際には食べたくなるという人も少なくないでしょう。日本全国には数多くのご当地料理があるのですが、その中でも非常に高い人気を誇り、また全国的にその名前が知られているのが、長崎県の佐世保バーガーです。この料理はその名前から分かるようにハンバーガーの一種なのですが、実はそれほど厳密な定義があるわけではありません。ただ大まかには、地元の食材を使用し、注文を受けてから作ることがその条件だとされています。そのためお店によって個性が出せるという点も、この料理の魅力の一つだと言えるかも知れません。

使用する食材にこだわりを持っている

佐世保バーガーは基本的に、佐世保市内で提供されるご当地料理ではあるのですが、その人気から地元だけにはとどまらず、全国でその名前が付けられたハンバーガーを提供するお店ができています。そういったお店の中で人気があるところの共通点は、やはりこの料理の二つの条件をしっかりと満たしていることとなるでしょう。その一つ目は地元の食材を使用することですが、それを広くとらえると、食材への強いこだわりを持って作っているということが共通点だと言えます。ハンバーガーはバンズで具材を挟むのが基本なので、その両方にこだわりを持つことが肝心なのですが、特にお店の実力が発揮されるのは具材の方でしょう。例えば地元で採れた新鮮な野菜を使用する、パテに使用する肉の品質にこだわる、メインの具材を引き立てるためのソースにも手を抜かないといったように、使用する食材に妥協しないことが、人気を保つための大きな要素となるのだと言えます。

美味しく食べられるように作り置きはしない

いかに食材にこだわっていたとしても、その料理の仕方がいい加減だったり、お店の都合を重視してお客さんが美味しく食べられ内容にしてしまっては意味がありません。そこで大事になってくるのが、佐世保バーガーの二つ目の条件である、注文を受けてから作り始める、つまり作り置きをしないということです。その姿勢を徹底していることが、人気店の共通点であると言えるでしょう。お店としてはお客さんの回転率をできるだけ上げたいということで、すぐに料理を出せることが好ましいはずです。そのために有効なのが作り置きで、ハンバーガーの大手チェーンではこの手法がよく行われています。しかし作ってから時間が経つと、バンズに具材の水分やソースがしみ込んでペチャッとしてしまったり、パテが固くなってジューシーさが失われてしまいます。そのためお客さんが美味しく食べられるためには、作り立てを食べてもらうようにすることが肝心となるということです。