長崎県佐世保市の名物料理として話題の佐世保バーガーは、九州への旅行の際には楽しんでおきたいご当地グルメとして人気です。このバーガーの特徴はと言うと、特に何らかの規格があるとか、細かなルールが有るということはなく、同市内で手作りされる、各店舗がこだわったグルメバーガーを楽しめるという点でしょう。「オリジナリティーがあること」や「地産地消」などの大まかなルールに則って手作りで提供されるバーガーで、多彩な味わいを楽しめるのが魅力と言えます。同市にバーガー文化が根づいた歴史を見てみると、太平洋戦争後、日本復興期の進駐軍にルーツがあり、そこからハンバーガー文化が定着し行ったとされています。2000年辺りから同市のバーガーは全国的に認知され始め、今ではかなりの認知度を誇りますが、そのお得な楽しみ方について見ていきましょう。

佐世保バーガーをお得に楽しむには

まず、同市の名物バーガーとして全国的にも知名度が高いため、同市は観光産業推進の一環として、このバーガーを始め、ご当地グルメを推しています。この為、港まちグルメチケットというものが用意されており、これを入手すれば、この地でバーガーをお得に楽しむことが可能となっています。このチケットはバーガー編では、加盟店の提供しているバーガーならば、どれを選んでも大丈夫です。バーガーだけではなく、サイドメニューやドリンクがセットになった商品もあるので、これ一枚でも結構なボリュームを楽しめるはずです。予約可能なお店も利用していけば、計画も立てやすいでしょう。港まちグルメチケットのバーガーのロゴマークがあるお店が目印なので、観光旅行中に小腹が空いた時、ぶらりと立寄ってみるのも良いかも知れません。

楽しむための計画を立てておきましょう

佐世保バーガーは多数の店舗がオリジナリティー溢れるバーガーを提供しているのが魅力ですから、予め、気になった、食べたいバーガーを見つけておくと、効率的に楽しむことが出来るでしょう。バーガー食べ歩きの旅も実現できますから、どういったルートをたどるか考えておくと、無駄な時間や費用を抑えて、楽しく食べ歩くことが出来るはずです。また、同市の観光ではバスの1日乗車券が発売されているので、これを使うと一定料金で、同市内を旅して回ることが可能になります。勿論、乗降車は繰り返せるチケットですから、気兼ねなく利用できます。大人でも数百円で利用可能ですから、コストパフォーマンスの高い旅行を考えるには、このバスも駆使して、バーガーを提供しているお店や、他の観光エリアに足を運ぶことも考えてみては如何でしょうか。